ゲームプレイ雑記

聖剣伝説3 TRIALS of MANA ゲーム紹介・レビュー

過去にSFCで発売された「聖剣伝説3」のリメイク作品である「聖剣伝説3 TRIALS of MANA」を3周クリアまで遊んだので、感想など。

ちなみに自分は、原作であるSFC版は未プレイなので、原作と比較した評価などは出来ないため、アクションRPG作品の1つとして純粋に感じたことを記載。

ゲーム内容

アクションRPGである本作において、特徴的な点は「ゲーム開始時に6人のメインキャラから使用キャラ3人を選ぶ」「クラスチェンジが可能」の2点である。

どのキャラを選ぶか、どのような育成方針でクラスを選択するかが、プレイヤーの個性の見せ所であり、それらを試行錯誤するのも楽しみの一つ。

ちなみに周回プレイ時は、操作キャラとクラスは選び直しになるため、2周目以降も操作キャラやジョブを変えて新鮮な冒険が楽しめる。

劇的な成長を味わえるクラスチェンジ

本作では物語の進行に伴い、キャラの性能を大きく向上させるクラスチェンジが行える。クラスチェンジを行うと、パラメータの向上やアビリティの追加、必殺技やアクションの追加など、キャラが性能面で劇的に成長する上、外見も一変する。

レベルアップなどでキャラが成長し、強い敵に立ち向かえるようになっていくのはRPGの醍醐味の一つ。本作のクラスチェンジは、そんなRPGの楽しさを濃縮したようなシステム。

少しずつ着実に強くなるレベルアップと比べ、クラスチェンジは一段飛ばしでキャラの性能が向上し、ワンランク上の派手な必殺技も習得するため、クラスチェンジ直後は戦闘が一気に有利になり、新鮮な気持ちでプレイ出来る。

各キャラはクラス1からスタートし、最終的にクラス4まで成長する。つまりクラスチェンジの機会は3回。このクラスチェンジの機会がゲーム進行の合間の程よいタイミングで訪れることで、ゲームのモチベーションを保つ作用を上手く果たしていると感じた。

カジュアルに派手な戦闘を楽しめる

本作ではSPゲージを消費することで、強力な必殺技を放つことが出来る。

SPゲージは敵を攻撃すると比較的早いペースで溜まるため、基本的に必殺技は出し惜しみすることなく、バンバン雑に使っていける。

必殺技は威力の高さに加えて、広い範囲の敵を巻き込めるものもあるので、雑魚敵相手でも、ボス相手でも非常に有用な上、使用時の演出もなかなかカッコ良い。

戦闘は、回復を怠たりさえしなければ、基本的には必殺技を交えて適当に攻撃していれば事足りるため、戦略性などは若干乏しく感じた。ただしその分、戦闘で特に難しい操作技術等を要求されないため、誰でも派手な必殺技を駆使してカジュアルに戦闘を楽しめる点は良いと思う。

キャラのグラフィックの完成度が高い

本作はキャラのグラフィックの完成度の高さについては非常に優れていると感じた。顔の造形や表情、衣装などについては、イベントシーンなどでアップになってもほとんど粗を感じない。

特にメインキャラクターの衣装については、メインキャラクターはジョブごとに衣装が異なるため、一人につき9ジョブ×6人で、54種類の衣装があるが、それらすべてが細かいところまでしっかり作られている。

村人A、村人Bみたいなキポジションのキャラクターに関して、頻繁に使いまわしが見受けられる点はちょっと残念だったが、基本的にキャラのグラフィックの質については素晴らしいの一言。

ノリの良いBGMが多い!

全体を通して、ノリが良く、耳に残りやすい印象的なBGMが多かったのも良かった。

自分の場合は、1周目のプレイをデュラン主人公で始めており、スタート地点である「草原の国フォルセナ」を出て、「モールベアの高原」に行くというのが最序盤の流れ。そのモールベアの高原に1歩足を踏み入れた途端に流れるBGMが非常に良くて、度肝を抜かれた思いだったのを覚えている。

ちなみに本作はBGMをSFCの原作Verに変更する機能も備えており、自分は1周目はリメイクVer、2周目は原作VerのBGMに切り替えてプレイしていた。感想として、両Verの音の違いによる味わいの違いを楽しむことが出来るが、曲のイメージはVerが違ってもほとんどブレていないため、Verを変えてもBGMに対して違和感を感じることは無かった。

自分は原作の方は未プレイの為推測になってしまうが、原作のBGMに思い入れがあるという人でも、おそらく本作の新しいBGMをほぼ違和感を感じずに受け入れられると思う。

気になった点

シナリオの共通部分が多い

本作では1周クリアまでのプレイ時間は約20時間前後と比較的短め。また、ゲーム開始時に選んだメンバーは変更できないため、キャラやクラスを変えて繰り返しプレイするのが本作の醍醐味となっている。

ただ、シナリオに関してはどの主人公の組み合わせでプレイしたとしても、共通の内容となっている部分の割合が多く、内容に大きな変化は無い。自分が本作を3周クリアする際は、ルート分岐を調べて、周回毎になるべく異なるシナリオ展開を楽しめるように主人公を選択したが、それでも体感でシナリオの約8割程度が共通の内容のため、あまり新鮮味を感じなかった。

加えて、共通部分のシナリオの内容は、「8種類の属性のマナの力を順に集めた後、出現した8種類の属性のボスを倒す」という、たたでさえダレてしまいがちな単調な内容なので、シナリオに関しては、周回プレイ時には飽きを強く感じてしまった。

シナリオの展開が雑

シナリオの中盤~終盤にかけて、後からとってつけたような設定で、唐突に窮地に追い込まれたり、状況が好転するような展開が多い。

「実は○○だったのだ!」といった感じの流れで、ラスボスが全能の力を手に入れたり、死んだと思っていたキャラが復活したり、これまで存在を匂わせていた敵キャラが唐突に物語から退場したり、主人公が圧倒的劣勢を覆したりと、それまでの苦労や、感動が白けてしまうような場面がチラホラ。

設定なども、どこかで聞いたようなベタなものが多いため、展開の雑さと相まって、シナリオに関してはチープな印象を受けた。

もちろん、シナリオの共通部分の多さや、展開の唐突さといった問題点は、リメイク作品として原作の内容に準じた結果であるため、ある程度仕方のない事ではあるのだが。

まとめ

「ゲーム開始時に6人のメインキャラから使用キャラ3人を選ぶ」「クラスチェンジが可能」といった特徴的な部分はあるものの、戦闘システムなどはシンプルで、難易度もそこまで高くないため、人を選ばずカジュアルに遊べる作品。

そのシンプルさ故に、アクションRPGとしては物足りなさを感じる部分もあるかもしれないが、クラスチェンジによりキャラを強化し、ド派手な必殺技で敵を薙ぎ倒すのはなかなか爽快。

シナリオに関して、若干チープに感じた部分はあるものの、キャラのクラフィックやBGMの質は高く、十分おすすめできる作品。